トップ > ディープトリートメント

ふくらはぎ・・・ヒラメ筋 腓腹筋 アキレス腱
直立歩行を始めた人類が重力に抵抗し、血行循環を成立させるための武器として手に入れたのがふくらはぎであり、「第二の心臓」とも呼ばれ血液を心臓に送り返すポンプ作用を行う重要な器官です。
長時間立ち続けたり座ったままだったりと、筋肉の動きが少ない場合にはその筋肉の伸縮運動による下から押し上げるポンプ機能が弱まり、血液やリンパの流れが低下し体の下の方に余分に溜まって、むくみや疲労の状態となってあらわれやすくなります。
まずは、ふくらはぎの筋肉と骨とつないでいるアキレス腱を軽くゆるめたら骨格筋の形状に合わせて、足首から膝まわりまでの筋肉を親指でじんわりと揉みほぐしながら溜まってしまったむくみや疲れを和らげていきます。
重かった足がすっきりと軽くなるとともに、ふくらはぎのポンプ作用が活性化されることで全身の血液循環も改善されていきます。