トップ > ディープトリートメント

すね・・・前脛骨筋 長指伸筋 長ヒ骨筋
すねの筋肉は、足首から先を持ち上げる動作をする為に働きます。日常生活の歩行運動により疲れが溜まると言われています。特に、ガニ股や内股になり足裏の一方に重心をかけ歩く人や、高いヒールを履いて歩く人は筋肉が硬くなりやすい傾向にあります。
しかし、すねの筋肉は肩や首の筋肉のようにコリや疲労感が現れにくい為、多くの方が硬くなってしまっても気づかないようです。
すねの筋肉が疲れると、足首の可動範囲が狭くなり重心のバランスがうまくとれなくなります。足首で吸収できなかった負担は、膝や腰にまで影響されてしまいます。

すねには、身体を支える為の大きく太い脛骨と、その外側に体重の傾きに合わせバランスをとる為のヒ骨という2本の骨の上を筋肉が走っています。その筋肉を筋繊維にそって、圧迫法を繰り返し、硬い筋肉を柔らかくしていきます。次に骨際から離す方向に指で転がすような刺激で筋肉を揺らしてほぐします。硬い筋肉は血液循環が改善され、柔軟さを取り戻し「ダルオモ」の足元は、「スッキリ」と軽くなります。さらに膝や腰にも余計な負担をかけることがなくなります。